屈伸し階段下る一位の実

誰も居ぬ畏れ多くも秋の暮

菊人形上の空にて彼方雲

↑このページのトップヘ